「ハッピーになる方法を心理分析してみた」byDaiGoさんのまとめ

アワジです。
メンタリストDaiGoさんをご存知ですか?

もしかしてあのスプーン曲げの人?みたいな感じの人が多いかもしれません。
そうです、イメージされているその方です。
あの方は元々はスプーン曲げや何かを当てたりするパフォーマンスから有名になった方ですね。
当時のきめセリフが「これがメンタリズムです!」でした、どや顔で(笑)

ちなみにメンタリズムというのは、科学とロジックで超常現象を再現することなんだそうです。
そして関係ないですがMrマリックさんは『マジック+トリック』でマリックさんなんです。
なので、あのパフォーマンスには当然ですが種も仕掛けもあるんですね。

 

そのDaiGoさんが【ハッピーになる方法】を動画で心理分析していたので、それをまとめてみました。
なにせこのブログは幸福の最大化なので(笑)
幸福を最大化していきましょう♪

 

メンタリストDaiGoとは


↑この本かなりお勧めです!
まず、Daigoさんのプロフィールを簡単にご紹介します。

DaiGo(ダイゴ、1986年11月22日 – )は、日本のマジシャン、パフォーマー、作家。静岡県出身。

私立高輪高等学校、慶應義塾大学理工学部物理情報工学科卒業、慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程中退。ジェネシスヘルスケア株式会社顧問。

新潟リハビリテーション大学特任教授[2]。東京大学謎解き制作集団「AnotherVision」の元代表・松丸亮吾は実弟。

身長173cm。血液型はB型。                                        引用:Wikipedia

ご覧いただいた通り、日本のマジシャンと紹介されています(笑)

あのスプーン曲げや様々なパフォーマンスはマジックとカテゴライズされているんですね。
今はほとんどされていないようですが。

Daigoさんは心理学に精通されている方で、ニコニコ動画で心理分析してみたというチャンネルをやられています。

 

私はそのDaiGoさんのニコニコ動画の会員なんです。
こちらです。
https://ch.nicovideo.jp/mentalist

これがかなり面白くて、はまっています。
今回のテーマであるハッピーになる方法から、勉強法、読書術、恋愛、面接のやり方、かなり幅広いテーマになっています。
毎月540円なんで、ぜひお試しください。
無料のYoutoubeチャンネルもあるので、お金がもったいないという方は(笑)そちらでもいいかもしれません。
https://www.youtube.com/user/mentalistdaigo

 

このDaiGoさんのニコニコ動画チャンネル、会員がなんと5万人を突破しているんです!!
すごすぎませんか?
単純に540円かける5万人で毎月2,700万円、年にすると3.2億円です!!

ちなみにこの動画、DiaGoさんが『一人で』『iphone』で撮ってアップしています。
一人で設備がiphoneだけって、どれだけ費用対効効果高いのか。。。
もちろん、編集とかリサーチとか手伝ってくれる人はいるでしょうけど、撮るのももしゃべるのも基本一人だけです。

 

その個人が取った動画を5万人が見てるんですから。
ユーチューバーとかもそうですが個人が面白い作品を作ってくれています、もうテレビ要らないですね、マジで。

 

なぜ私がこの動画にはまっているのかは面白いからなんですけど、全て根拠がある話をしているんです。
有名な大学の論文だったり、大学教授が何年も調べ上げたものをシェアしてくれているんですね。

「エビデンスベース」というやつですよね。
何かの論文を作るときに、私はこう思います!じゃダメなんですよね。
こういう仮説があり、それを証明する為にこういう実験を行って、こういうデータが出ました。
なのでこういう結論何です!と。

 

たまに見かける自己啓発とかスピリチュアルの人とか、根拠がないんですよね。
「私はこういう経験したので、こうしたらいいですよ~」

何で?
根拠は?
再現性あるの?

それに対してほぼ納得できる返答はできないでしょう。
DaiGoさんのリサーチ協力をしている方は、論文を読むのが趣味で、年間に数千本の論文を読んでいるんだとか。。。
根拠の質と量が違います。

 

人間の幸福度を決める3つの要因

DaiGoさんは言います、『幸せは主観的なもの、同じことをしていても幸せかどうかはその人による』と。
言われてみればその通りなんですが、考えたことありますか?

何となく自分を悲劇の主人公にして、隣の青い芝生である隣人をうらやましがっていませんか?

 

同じ仕事を同じような学歴の人がやっていても、幸福度は違います。
同じお店に入って同じメニューを食べても、受け取り方は人それぞれです。
どうすれば、どんなアプローチをすれば幸せになるのか?

出来事は同じでも受け取り方が違うのは仕方がありません。
なぜなら人によって違うから。
性格も、考え方も、強みも弱みも。

 

その為にも自分の強みを生かすことが大事なんです。
自分の強みを伸ばし、弱みの部分では勝負しないと。
もちろん弱みを改善できて、強みも増やすことができたら言うことありませんが、なかなかそうはいきませんよね。

それを教えてくれるテストがあるそうです。
VIA-ISテスト

私も受けてみましたので、その結果を張っておきます。
サイトは英語ですが、日本語も選べるのでぜひやられてみてください。

この5つが私の強みの上位とのことです。

いやいや、そんなことないでしょ!という文句は受け付けませんので(笑)
私は思慮深く、感謝の気持ちがいっぱいで毎日生きていますよ♪

 

人間の幸福度は何で決まるのか?

大きく3つだと言います。

・遺伝 50%
・環境 10%
・行動 40%

 

ただし、それぞれの項目が同じように影響しているわけではありません!
影響の強弱があるんです。
それがそれぞれの項目の隣にある数字になります。
遺伝的要素が一番大きく、環境要因はたったの10%なんです。

 

これを聞いてどう思いました?

『遺伝で幸福が決まるのか、どうりで俺は幸せじゃないわけだ。。。』
『俺が幸せじゃないのは、あの父親のせいだったのか、くそー!』
『遺伝が一番大きい要因ということは、もう将来は決まってるのか。。。』

 

違います!!
遺伝の部分は確かに大きいし変えられない、けど環境よりもはるかに自分の行動が大事!
家庭、職場、住んでる地域など環境よりも、自分で起こした行動が大事なんです!!

変えられない遺伝ではなく、変えられる行動をしていきましょう。

 

幸福と関連しているもの


生まれもった遺伝的な要素が大きいものの、最終的に自分が起こした行動が幸福度に大きく影響するのはわかりました。
では、そもそも幸福度に影響を与えるもの、与えることって何でしょうか?

 

DaiGoさんは聞きます。

「何歳の時が一番幸せでした?」

上記の質問をされたときに、あなたは何歳と答えますか?
ちょっと考えてみてください、

自分のことを知るのはすごく大事です。
何歳のときが一番幸せで、その理由は?
何をあなたの幸福度に大きな影響を与えているでしょうか?

 

私も考えてみました。
私は今が一番幸せかな?と思いました。
なぜか? 昔は今よりもっと自分の時間があったりと楽だったと思うけど、自分の家族や子供の存在は大きいです。

学生の時は今より時間もあり、好き勝手生きていたけど今より幸せだったか?と問われると疑問です。
もちろん両親、兄弟と家族がいて、3食食べられて、平和な日本で生活して、いじめられたとかも無くて、、、

 

今思うと、間違いなく幸せな状態ではあるんだけど、不幸を感じることがなかったから幸せを実感できなかったのかなと思います。
つらい事、苦しい事、大変思いをしていればその時の幸せをもっと実感できたのかもしれません。
もちろん、もっと不幸なことが多くあったら良かったなんて思わないですけどね(笑)

 

責任の有無が幸福度に関係している!?

DaiGoさんは動画の中で言っていました。
一般的に20代が幸福度のピークで、仕事をし始めて責任が発生していくにつれて幸福度が落ちていく、そこから年齢が上がると幸福度は上がっていくと。

そうかもしれませんね、中間管理職とか一番ツライポジションですからね。

 

ご存知の方は多いかもしれませんが、DaiGoさんはかなりの読書好きです。

この放送でもいくつかお勧め本を紹介されてました。

ぜひ気になる本を読んでみてください。

お金(収入)と幸福度の関連

これを聞いてどう思われますか?

”年収7.5万ドルを超えると、幸福度があまり変わらなくなる”

日本円にして800万くらいの収入を超えると、そこからは幸福度があまり変わらなくなるんだそうです。
これは、ノーベル経済学賞を受賞した米プリンストン大学の心理学者、ダニエル・カーネマン教授が発表しています。
年収7万5000ドル(約900万円)までは収入に比例して増えますが、それを超えると比例しなくなると。

ノーベル賞受賞者が言うと説得力が違いますよね、さすが権威です。

 

ここであなたの年収は問いません。
けど、分かりやすくないですか?

年収800万程度になれば、

『誰もが最低限の幸福度を得られることが分かっている!』

んですから。

 

そうですよね?
年収800万を超えると幸福度はそれほど上がらない。
ということは、その年収までは多くの方の幸福度を上げてくれるんですから。

マズローの5段階欲求にもありました。

マズローの5段階欲求
・自己実現の欲求 (Self-actualization)
・承認(尊重)の欲求 (Esteem)
・社会的欲求 / 所属と愛の欲求 (Social needs / Love and belonging)
・安全の欲求 (Safety needs)
・生理的欲求 (Physiological needs)

最低限の幸福度?ではないですが、命の心配が無い環境、毎日の食事、雨風しのぐ住居、そこをクリアしていくのに、お金は必須のようです。
シンプルです。

 

幸福度を高めるために冒険をしてしまう!?

あと動画の中で面白い話があったんですが、『破産しやすいのは、1000万手前の人が多い』そうなんです。
え!?と思いましたよね。

先ほど800万くらいから幸福度が上がらなくなるとお伝えしました。
なので、貧しい状態からある程度裕福になり満たされる、その後刺激がなくなるんでしょうね。
稼いでもあんまり幸せを感じづらくなるからお金をもっと使うようになる。

ある程度満たされた→→→お金を使って刺激を得ようとする→→→破産する

ということです。
恐ろしいですね、全て原因があります。

たくさん稼ぐ方法!!

多くの方が知りたい『たくさん稼ぐ方法』もおっしゃってました。
知りたいですよね?

シンプルです、たくさん稼げるようになるには

【フロー状態(ゾーン、没頭している)になるためにお金を使えばいい】

よろしいですか?
あなたがフロー状態になるためにお金を使うことで、お金を稼げるようになっていくんです。
ただし、そのフロー状態になっている『対象』も大事です。
だって、必死にアイドルを追いかける”だけ”だと、儲かるのはそのアイドルと事務所だけですよね?

 

下記の人がフロー状態になれたらどうでしょう?
・株式投資をしている人が企業分析を
・ビジネスをしてる人が顧客のニーズやウォンツを
・芸術活動している人が良い作品作りを

必死に考え行動しまくる、お金が返ってくる事にフロー状態になれたら間違いなく今よりは経済的に前進向上しますよね。
もちろん誰もがバフェットやビルゲイツにはなれませんが、フローに入る前のあなたよりは間違いなく向上します!!

その為にお金を使いましょうねと。

フロー状態に入りやすくなるための9つの条件

フローに入りやすくなる条件で、必ずしも全て必須というわけではありません。
これらの条件を満たしているとフローに入りやすくなりますよという条件ですね。
ただ、没頭している時って9つのうち多くを満たしています。

①明確な目的
何のためにそれをやっているのか?という明確な目的がある

②集中
時間やお金などを集中できる

③自意識の低下
没頭すると活動に集中していて自己意識が低下する

④時間の歪み
そのことをしている時、時間が短く感じる

⑤レスポンスの速さ
問題をクリアすることでご褒美、得られたことが目に見える

⑥適切な難易度
難しすぎず、かといって易しすぎない

⑦自分で状況をコントロールしている感覚
状況を自分がコントロールしている感覚が必要、人にやらされてる感があるとやる気が出ない

⑧活動そのものに価値を感じられる
活動の結果として得られる報酬が目当てではなく、活動自体に価値を感じて取り組むことができる

⑨他者に妨害されない環境
邪魔が入らないこと、人、環境

 

 

自分の幸福度を高めることが全ての解決!?

ハッピーになる方法、幸福度を高める方法を書いていきました。
納得できる部分が多かったのではないでしょうか?
最後に、何のためにハッピーになりたいの?って話をします。

そうです、何のためにハッピーになりたいの?です。

 

幸せはある程度の年収を越えると幸福度が上がらないということを書きました。
もっともっとお金を求めて破産する人はそのある程度の年収を越えたくらいの人が多いことも書きました。

DaiGoさんは言います。

「幸福度を高めましょう。自分が幸せであれば余計なことを無視できますよ」

 

そうなんです、自分の幸福度を高めることが全てなんですね。
なんか宗教っぽいですが(笑)
自分が幸せであればちょっとくらい人に文句言われても気にならなくなります。

その為に自分の幸福度を高めなきゃいけないんですよね。
いけないというか、みんなにとってプラスです。

 

家族でも会社の同僚でも、ムスッとしているより笑顔の方がよくないですか?
なのであなたが笑顔でいましょう、幸せでいましょうってことです。
あなたが幸せだと、あなた以外も幸せなんですよ。

誰かに幸せにしてもらうのを待っていてはダメなんです。

 

自分のため、利己的行動だけでは幸福度をそこまで高めないんです。
逆に利他的な行動は幸福度を高めます。
人間は自分で自分を救うべき、宗教に入って救ってもらおうとかはダメなんですね。

 

いかがでしょうか?
幸福度を自分で高めていきましょうね。

幸福感染理論というのがあって、幸福な人と一緒にいると幸福度が高まるんだそうです。
幸福の感染源になりましょう!
あなたを起点に幸福が広がっていけばうれしくないですか?
私はそうだったらいいなと思ってこれを書いています。

主観で自分は幸せと思えばいい

上の方で幸福が主観的なものだと書きました。
あなたが決めていいんです!

なんと、『主観的に』幸せだと思っている人は多くのプラスがあるんです。

・病気になりづらい
・収入が高い
・行動力がある
・生産性も高い
・クリエイティブである

良いことづくめですよね。
人と比較なんてしなくていいんです、あなたが「自分は幸せだ!」と決めちゃいましょう。

 

もしあなたがそれでも自分はまだ・・・と思うなら、幸せそうな人に近づきましょう!
幸福感染理論ですよ、感染されてください(笑)
ちなみに、不幸も感染しますからね!!

自分が不幸だと思っている人は同じような人を引き付け、愚痴の飲み会が始まります。。。
どうせ感染するなら、、、言わなくてもお分かりですよね。

主観的にの部分でのお勧め本です。

楽観的なことは大事です、マジで。

 

幸福度を高めるエクササイズ

最後に幸福度を高めるための具体的なエクササイズをご紹介します。
ぜひやりやすいものからやってみてください。

・1日一回利他的な行動をとる
電車で席を譲りましょう
・週に一回でも自分はどのくらい幸せだったかを探す、確認する
主観的でいいんです
・毎日寝る前に、幸せだったことを3つ書き出す
無理やりでも3つ出す

効果の高いことばかりです。

 

まとめ

・人間の幸福度が決まる3つの要因 ・遺伝 50% ・環境 10% ・行動 40%

・環境よりも、自分で起こした行動が大事!!

・年収800万程度になれば、『誰もが最低限の幸福度を得られる!』

・お金を得るには、自分がフロー状態になるためにお金を使えばいい

・『主観的に』幸せだと思っている人は多くのプラスがある

幸福度を高めずに幸福度を下げる理由は簡単です、人と比べることです。
自分が幸せになればなるほど人と比べなくなるし、自分のやることに集中している
自分が楽しいことに集中できる、気にならない、スルー出来る

幸福度を高めるトレーニングをしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください