『GMOあおぞらネット銀行』を書いたプロブロガー達の記事を比べてみた!

アワジです。

面白い企画が行われていました。
プロブロガーの方々が同じテーマをもとに記事を書いていたんです。

まあ、プロブロガーの定義は分かりませんが、専業とか兼業とか関係なくブログから収益をたくさん得てる人みたいな感じです。

すみません、なんか適当で(笑)
けど、どの方も『同じテーマ』をそれぞれの切り口で書いていて非常に勉強になります。
そのテーマとは「GMOあおぞらネット銀行」です。

 

自分ならどう書くかを考えながら読んでみてもいいかもしれません。
「銀行なんて知らないよ~」ではなくて、どの特徴をいかに読み手の興味を引かせながら書くかです。

 

私のような後発ブロガーは、何を見て学ぶかと言ったらやはり【他の方のブログ】です。
書籍、note、教材、オンラインサロン、色々と参考になりますが、やはり見るべきは素晴らしいブログを見るしかありません。

いいブログの文章を学ぶにはいいブログを見ましょう。
同じテーマで同じ時期に書くなんてまずありませんから!

 

1人目:ヒトデさん


一人目はさんです。

記事はこちら

 

ヒトデさんは多くの方がご存知の有名ブロガーさんですね。
記事を読んで驚きました。
対談はいいのですが、まさかseiyaさんとの対談ですからね。

なかなか濃いキャラの方で、記事も濃いです(笑)

 

ヒトデさんからseiyaさんにインタビューが行われています。

・seiyaさんがどうやってお金持ちになれたのか?
・どんな投資を行ってきたのか?

など気になる質問がされています。

けど、どうやってあおぞら銀行のPRにつなげるのでしょうか?

 

seiyaさんのお金の話→→→外貨の話をする。

そこからあおぞら銀行の【外貨手数料が安い】という特徴をアピールして口座開設を促す。
ヒトデさんのユーモアあふれるまとめ方とか、読みやすい文章とか勉強になります。

ヒトデさんは成功者との対談形式でした。
おっと驚く人を連れてくるのがなかなかマネできなそうですが。。。

 

2人目:はっしーさん

二人目はさんです。

記事はこちらです。

 

この方は、ご自身がニュー時ランド在住というところから、外貨預金をコンセプトにされています。
記事は、ヒトデさんと同じ対談形式です。

同じくニュージーランドに住んでいるキーウィーさんという方で、ニュージーランドで資産運用を成功されている方です。

『成功者に聞く』

これは一つの鉄板記事なのかもしれません。

 

そしてはっしーさんは、GMOあおぞらネット銀行につなげます。
ポイントは、日本にいながらにしてニュージーランドドルでの外貨預金ができるという点です。
ニュージーランドの預金に興味を持った方は、口座開設したくなりますよね。

実際に資産を増やした方の話を聞いた後だと、口座開設したくなります。

3人目:クロネコ屋さん

3人目は さんです。

記事はこちらです。

 

この方も有名ブロガーさんですね。
驚いたのが、今回ただ紹介するのではなく紹介方法に指定があったようです。

普通に紹介しようと思ったのですが

ハゲを絡めて書けますか?』

と言われたので、ハゲを絡めながらGMOあおぞらネット銀行さんをPRします。

ハゲを絡めて『銀行』を紹介するんだそうです(笑)
いったいどうやって書くのか気になり、読み始めにすごくワクワクさせてくれました。
この『ハゲ』というご自身の武器!?を使って興味を引く書き方も素晴らしいですね。

 

クロネコ屋さんがどうやってハゲと銀行を絡めたのか、外貨預金です。
投資を失敗してハゲになったけど、安定した投資をすればふさふさだよと。
その為にはあおぞら銀行がいいよと。

ユーモアってどんな記事でも大事ですね。
読んで勉強になるのはもちろん大事ですけど、「楽しい」っていう要素がないと読み続けられませんからね。

 

人を楽しませる、笑わせるって出来たら最高です!
けど、そう簡単にマネできるわけではなく、『慣れ』が必要かもしれません。
人の感情を動かすってこれまた深いテーマですが、できるようになったら唯一無二ですね♪

 

4人目:mintoさん

4人目は さんです。

記事はこちらです。

 

この方の記事のコンセプトの作り方は面白いですね。
外貨預金がポイントではあるんですけど、8か国対抗戦としています。
それぞれどの国が増えるか、それを実際に自分でやってみたよと。

 

きちんとアンケートをとりながら、各国の説明が分かりやすかったです。
女性向けなんですかね?
自分でちゃんとやったことを記事にしているので、信頼に繋がるんだと思います。

実際にどの国が増えるんだろう?って個人的にも気になりました。

 

5人目:小林亮平さん

5人目も有名ブロガー さんです。

記事はこちらです。

 

こちらの記事も吹き出しを使った対談形式です。
はっしーさんと同じようにぬいぐるみがお相手ですね。
違うのは架空のキャラを作っているところで、テーマは『外貨預金』です。

元金融機関で働いているだけあって、解説がかなり丁寧です。
また、グラフやオリジナルのイラストがかなり分かりやすくて良いですね。

 

小林さんは今までの方と違って、口座開設はこちら!で終わらずそこも解説されています。

GMOあおぞらネット銀行の公式ページのスマホ画面です。

まずは、「口座を開設する」をタップしましょう。

 

ここは大きな違いで、口座開設の解説をスマホでやっているのは、スマホでの閲覧が多いからでしょうね。
読者目線がやはり大事なんだと思わされます。

あとは、対談形式で相手がいなくても良いんだと分かりました。
小林さんのようにキャラクターを作って、それを相手に対談をすればいいんですからね。
勉強になります。

 

6人目:名もなきライターさん

 さんです。

記事はこちらです。

 

投資の失敗談をからめて記事を書かれています。
いきなりご自身が『損』をした話w
すごい人のすごい話ではなく、等身大の雰囲気が伝わってきます。

そして20人以上からの実際のツイートのリプライを載せています。
これはたくさんの人の意見が見れて面白かったです。

 

そこからご自身の金投資の成功などから『長期投資』が良いという話にもっていき、あおぞら銀行の登場です。
長期投資と外貨預金を絡めてますね。

そしてなんと『プレゼント企画』をご自身でやっていました。
それであれだけの数のリプライが集まっていたんですね。
コストをきちんとかけるところではかける、勉強になります。

 

7人目:ニシキドアヤトさん

7人目は さんです。

記事はこちらです。

 

いきなりご自身にアップのアイキャッチは驚きました(笑)
イケメンは武器ですからね、それを売るのは何の問題もありません、ハイ。

ただ、この方珍しくはてなブログでした。
ほかの方がワードプレスだったので、少し違和感があったのですが大事なのは中身ですからね。
コンセプトは「砂のお城を大人が作る」というもので、

どうやって銀行につなげるのでしょうか?

 

友人を呼び、かなりの重労働がたくさんの写真から伝わってきます。
なんかユーチューバーの動画を見ているような感じです。
そして、、、、そのまま終わりました(笑)

一応バナーは張っていましたけど、この記事は銀行も外貨預金も一文字もできておりませんw
これはシュールですね。
一切対象を紹介しない紹介記事、電通や博報堂には絶対に作れません!
新しい形の広告かも。。。

 

8人目:USKさん

8人目は さんです。

記事はこちらです。
正直、最初に見て思ったのが「やられた~」です。
私も同じコンセプト【プロブロガー達の記事をまとめる】という記事を書いていたからです(この記事です)
でもまあ、仕方ないです早いもの勝ちですよね(笑)
記事の紹介というよりも、それぞれの執筆者の方の紹介が書かれている印象です。
お勧め記事なんかもあって、執筆者も紹介されてうれしいでしょうね。
やはり同じことを考える人は多い、やるなさっさとやれと勉強になりました。

9人目:山口さん

記事はこちらです。
山口さんは、外貨預金の解説はもちろんですが他の方と違う部分を解説されていました。
GMOあおぞらネット銀行だと「つかいわけ口座」という機能があり、1つの口座内で分けて管理でき、最大10口座まで開設できます。
つかいわけ口座という単語がはじめて出てきました。
記事では、ご自身のブログ読者さんであるフリーランスの方々にメリットを絡めて勧めています。
これは読者としては分かりやすいでしょうね。
これぞまさに『紹介記事』と呼べるような記事のつくりです。
あおぞら銀行さんとしては、こういうのを待っていたのかもしれません(笑)
特徴がポイントを絞って丁寧にか書かれていました。
そしてここでも『読者目線』です!
誰が読んでいるのか?どんな情報を欲しいか?
そこをきちんと意識しないとだめですよね。

10人目:ねくさん

記事はこちらです。
まず、名前がインパクト大ですよね『一億相当』って。
これだけで興味がわく人私だけじゃないはずです(笑)
この記事も対談形式で、小林さん同様『架空キャラ』との対談です。
ご自身が豪ドルを運用されているので、そこと絡めて記事が書かれています。
最初ふざけた感じだったので(失礼)、そんな感じで終わるかと思ったら全然違いました。
外貨預金のメリットというよりも、日本円だけにしておくデメリットや危険性をこれでもかと書かれています。
そして、この方も『オリジナルのイラスト』を多用されていて、すごく分かりやすかったです。
対談とイラストの組み合わせが良いのか、文字数以上に伝わってきた印象があります。
さらに、貯金がメインの肩、海外によくいかれる方と対象を絞った話も良かったですね。
読んだ人は、私のことだ!と思ったんではないでしょうか。
そしてもちろんデメリットもきちんと書かれています。
これがまた的を得ているというかなんと言うか。
すごく分かりやすく、流れるように読めちゃいます。
まさにプロの記事と感じました。

11人目:大河内さん

記事はこちらです。
この方もヒトデさん同様、成功者へのインタビュー形式です。
PVマフィアさん、両@リベ大 学長さん、お二人ともツイッターで有名な方ですね。
最初に思ったのが、行間が広めで見やすいってところです。
そして、唐突に「外貨預金持ってる?」と質問します。
強引にテーマに持って行ったなぁ~と思ったら、すごくフィットしてました。
行間が少ない分、思ったよりも文字が少ないような気がしましたが、内容は濃かったです。
そして、両さんにも同じ「外貨預金」に関して質問をします。
両さんはお金のプロらしく、プロの意見が興味深かったです。
そして、最後にご自身が税理士さんなので、税理士としての意見を書かれていました。
さすがプロですね。
税金のこと知りたい方は目からうろこだったと思います。
広告の配置など、全体的に見やすい印象でした。

12人目:藤沢さん

記事はこちらです。
一番最初に目に入ったのが、この方のブログのドメインでした。
iPhoneとDocomoを合体させています、法的に大丈夫なんでしょうか?(笑)
とにかく目立つので良しとしましょう。
記事は、有名人との対談形式。
記事の内容はタイトルのまんまですね。
「プロ奢ラレヤーに13000円のハンバーガーを奢ってきて◯◯◯◯ってどう思う?って聞いてきました。」
プロ奢ラレヤーさんという方を名前だけは知っていたものの、こうした発信を始めてみました。
不思議な感じの人ですが、個人的にあの小さなリュックの中身が気になりました(笑)
何が入っているんでしょうか?
けど、藤沢さんが思った以上にうまく彼をハンドリングされていた印象です。
最後に、「そんな方は「GMOあおぞらネット銀行」で「外貨預金」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。」と締めていましたが、藤沢さんはしてないだろうなぁ~と感じました。
多分間違ってないと思います(笑)

13人目:ワカジツさん

13人目ワカジツ@wakajitsukoheiさんです。
ただ、ライターがワカジツさんで、CaptainJackさんのブログですね。
記事はこちらです。
最初に目が入ったのが、スポンサーのバナーです。
応援されている方なんですね。(うらやましい笑)
記事は『座談会』という形式で、侍とか外人さんとか面白メンバーです。
テーマは「宝くじが当たったら?」
これは気になります。
色々な方の夢を語り、ワカジツさんの夢はたわまんかてフェラーリ!
それじゃダメだと侍が「外貨預金」を進めるというちょっと強引ですがテーマに持っていきます。
そして最後にまた「宝くじ」(笑)
ちゃんと記事のテーマには沿ってましたね。
そして、記事が終わると複数のスポンサーのバナーが目に入ります。
すごいですね(うらやましい笑)

14人目:りょうちゃんさん

記事はこちらです。

 

まず、この方の名前何なんでしょう?(笑)
女の子大好きブロガーってそのまんますぎます(笑)
正直すぎて大好きです。

 

芸の事務所の美人社長へのインタビュー記事です。
いったいどこで知り合うんでしょうか?
マジで(笑)

ただ、個人的には吹き出しの中の文字が多く、ちょっと読みづらい印象でした。
ギャラの話とか面白かったですが。

 

最後の方で、お相手の方から「今回はPRですよね?」とテーマに入りました。
今までのお金の話から、外貨預金につなげていてスムーズでしたね。

美人との対談っていいですね(うらやましい笑)

 

まとめ

・対談形式は鉄板

・吹き出しは絶対にマスターすべし!

・有名人を連れてこなければキャラを作るなり工夫せよ!

・同じテーマでも人によって全然違う!!

ぜひあなたがこのブログは良いと思った方の記事を参考にしていただき、いいブログをどんどん書いていきましょう。

個人的にはりょうちゃんさんのように毎回美人とお話だけして100万PVとかいってアドセンス収入がウハウハだったら最高です(笑)
まあ冗談はさておき、色々な切り口本当に参考になりました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください